FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きむ
 
[スポンサー広告
やっぱ
のせるべきでは無かったのか・・・。
Highちゅさんすんません、そのお気持ちものすごくわかります。
俺自身、アレみて相当苦しんでるんで、動物好きというか毛皮なんて・・・って方がみても苦しむだけだなと思って悩んだんすけど・・。

でも昨日思った事は、その衝撃、ショックがあそこの動物が伝えたいことなのでは・・と勝手に想像したにすぎませんが、僕はアレをメッセージと受け取りました。
この衝撃を皆に伝えてくれと。

・・いや、だからって「みれ!」っていってる訳ではないです!
というかこんな事言われたら、ちょっと興味でみてまいますよね・・。
うーん、見てほしいような見てほしくないようなって感じなので、
やはりURLはそのままにしておきますが。
でもアレを見れば少しでも何かこの問題にアプローチしていきたいと思うかもしれない。俺自身そうなんで。
動物の為に何かをしていきたいって思う方は、
見るべきなのかもしれません。


■レス

>D介さん
声なきものにはひどいもんですね。
これでもし、人間を襲うプレデターがあらわれても、
もうそのプレデターは悪ではないでしょうね。
それが当たり前なんだから。
(プレデターって捕食者って意味ですけど、一応映画のプレデターの事っす。
つか知らなかったらまるで意味不明ですね・・)

>AXさん
初めまして!コメントありがとうございます!!
後ほどAXさんのブログにおじゃまさしていただきます。
あとURLがなかったんですけど、履歴みたらわかったんで、リンクしておきますね!

>ヒヨコ丸さん
ヒヨコさんは見る必要ないっす。
本当にタダ苦しいだけです。この苦しみはもっと別のひと(毛皮が当たり前って思う人などなど)が見るべきなんです。
ただ辛いって思う人がいるならそれはそれでいい成果なのかもしれません。
動ける人が動けばいいような気がします。少なくとも、かわいそうとかそういう気持を持つことが俺は一番大切なんじゃないかって思うんです。
かわいそうって思うばっかで何もしないのは駄目って時々あるんですけど、
動いてる人の根本には「かわいそう」があり、そこから「なんとかしなきゃ」が生まれるんだと思うんです俺は。これが全てじゃないけど。
かわいそうと思えたなら、いつかきっと動ける日が来るはずです。


>Highちゅさん
なんかすんません。ただ苦しめてしまいましたね。
ですが、何かしら自分の中に得たものはあったんじゃないでしょうか。
地獄絵図でしたね。現実にあるとはね。
文化なんでしょうかねーあっちは犬も猫も食べますし。
でもさすがにこればっかりは文化の違いだけでは片づけられません。
というかさせません。これはなんと言われようと「やりすぎ」なんで。
命もクソもあったもんじゃない。
あそこではどう命の大切さが問われてるのか知りたいです。
理解できないのが当然っすよ。
その辛い気持をもってくれたHighちゅさんがすきですね。

>コメさん
はじめまして!
このブログみて、動物の権利など知ろうとしてくれたということが何よりも嬉しいです!ありがとうございます!
確かにその通りですよね、必需品として毛皮をもちいるのもそうですが、なにより彼らって、動物に対してもの凄く感謝して、ものすごく大事に使うでしょ?決して、飽きたから新しいの買うとか馬鹿な事はいいません。毛皮をちゃんと生きとし生けるものからの贈り物として考えているそうです。そしてあんな残虐な殺しかたでもありません。もう全てにおいて、先住民の人たちなどは、今僕たちのお手本なんですよ。毛皮をあくまで「物」としかみれない、肉を物質としかみれない僕たち先進国の人間は、失ってはいけないものを失ってしまったみたいです。
あ、リンクは全然オッケーすよ!
俺だってほとんど日常のブログですから!




↑皆さんもリンクご協力願います。

「わんにゃん日記」
↑あとくまさんのブログも是非見てください



というかコメント書いてて思ったけど、
実際に狩りをして、その生き物が動いてる様をみているからこそ、
殺したときの、その肉が肉になる前は動き回っていたことを実感できるから、おのずと感謝するんだろうね。

俺らはいま、スーパーで並んだ肉しか見られないから。
だから屠殺場で殺される牛を見た方がいいんだろうな。

というか、こういう命とかの問題って、
誰が悪いとか、人間の好きな責任を誰が負うかとかないんだろうね。
全ての人間が連帯責任を負うんでしょうね。
難しいというかなんというか・・・。
スポンサーサイト
Posted by きむ
comment:3   trackback:0
[未分類
comment
no title
こんにちは!
私は医学部目指して浪人してる19歳の女の子です。 キムさんの1コ下ですかねっ??
ブログを見て、なんか心が締め付けられました。。。 私の母がとさつ場に行った事があって、話を聞いたら、牛も豚も死ぬ前、涙を流すらしいです。そして恐怖に怯えて、脱糞したり、、、 ほんとお肉とかも感謝して食べなきゃですよね。
私はこのことを中学の時の(いつの話だぁ、、、)卒業文集に書いたのですが、あんま反響がなく。。。
そんなこんんで、私の考え共感してもらえたことって数えるくらいしかないから、キムさんのブログ見て思わず書き込まずにはいられなかったのです(><) 長文なわりに、読みにくい文章でごめんなさい;;
返信してくれるとうれしいです♪♪ というかもぉキムさんと友だちになりたいくらいですっ(笑)
お互い今年はサクラサクようにがんばりましょぉっ^^☆
2006/03/31 02:45 | URL | edit posted by
りんく
はじめまして
blog読ませていただきました。とても関心のある内容でした。

よかったら相互リンクしてもらえませんか??
2006/04/01 22:25 | URL | edit posted by あずーる
no title
動画みました。
まだ頭の中が混乱中でまともなことが書けそうにありません。ひどすぎる…。辛すぎる…。悲しすぎる…。そして自分は無力だ…。
でも、kimuさんがここに載せてくれたことに感謝したい。
だって、もし、この現状を知らなかったらこのことに対して何も行動をおこせなかったから。
どんな小さいことでも、行動しようと思うよ。
2006/04/03 07:20 | URL | edit posted by のぎく
comment posting














 

trackback URL
http://beterinarian.blog37.fc2.com/tb.php/62-a48ebf28
trackback
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。